ケアマネージャーの方へ

トップページ > ケアマネージャーの方へ
空き状況 訪問看護ができること 開始までの流れ えすぽの特徴 対象地域

訪問看護空き状況

現在準備中です。

訪問看護ができること

医療依存度の高い利用者様のケアは訪問看護師にお任せください。
訪問看護師は医療依存度が高い状態の方が安心して在宅療養できるように支援します。

訪問看護ができること

●複数の疾患や急変の可能性がある方の清潔ケアなど日常生活支援
●胃ろう、痰の吸引、インスリン注射など医療処置および介護者への指導
●褥創や創傷の処置(予防的処置を含む)
●服薬管理
●排泄管理
 (留置カテーテル管理、人工肛門管理、摘便などによる排便コントロール)
●人工呼吸器など特殊な医療機器を用いた在宅療養の支援
●認知症の方の生活の安全確保や進行の予防に関する支援
●ADL低下を予防するリハビリや生活環境のアセスメント
●ターミナルケア、緩和ケア
●療養相談、介護相談
●医療機関との連携による、治療継続の支援
●ケアチームへ医療的視点に立ったアドバイス
●その他

以下の点が当てはまる場合は、訪問看護の利用をご検討ください。

●体調の変化があり介護職では安全にサービスが提供できない
●容易に医療機関受診ができないので、医療連携できる職種の介入が必要
●医療的処置があるが、家族は十分にできない
●急変の可能性があり、緊急時の対応が必要
●本人、家族に療養上の指導が必要
●要介護者、要支援者であっても医療保険が適用される状態または疾患※1である
※1:末期の悪性腫瘍、多発性硬化症、重症筋無力症、スモンなど厚生労働省が定める疾患

訪問看護開始までの流れ

訪問看護の利用開始までにお願いしたいこと 訪問看護指示書が発行されないと、訪問看護を行うことはできません。

●訪問看護利用に際して医師からの意見を、ケアマネが確認して了承を頂いてください。
●訪問看護利用をご本人または、家族のかたが決定した場合、医師に訪問看護利用の旨を伝え、主治医(指示医)になって頂く了承を得てください。
●医師の了承が済んでいれば、医師から訪問看護ステーションへ訪問看護指示書が発行されます。
●現在入院中の方が、退院(退所)後に、訪問看護を利用する予定がある場合は、
ご本人または、ご家族を交えたサービス担当者会議の開催をお願いしたいと思います。

訪問看護開始後

●ケアマネが立案する「居宅サービス計画書」を頂き、医師の「指示書」より訪問看護計画を立案します。
サービス提供票のスケジュールに沿って看護サービスの提供を行います。
当月サービス終了時には、「訪問看護実績報告書」をご提供いたします。
●訪問看護は、週に1~2回程度の場合が多く、他職種のかたとの連携が難しくなっております。
利用者さまが安心して療養できるように、連携のサポートをお願いいたしております。
●訪問看護ご利用者さまからの、不平不満、希望などがございましたら、管理者までご一報頂きたく思います。
速やかな対処を行い、ご利用者さま、ケアマネにご迷惑をかけない体制を心掛けます。

えすぽの特徴

快適な療養生活を願い、心豊かな看護を目指します

私たちは、利用者さまが住み慣れた過程や地域で安心して生活ができるように、
専門的な知識と技術で「療養生活」をしっかりささえます。

24時間365日の安心をスタッフ一同がよりご家族に近い形で、ケアさせて頂きます。

サービス対象地域

訪問エリア:宇都宮市全域、鹿沼市全域、壬生町、上三川町
栃木県宇都宮市花園町2番2号 リリー花園ビル2階